焼きにこだわった日田焼きそばの元祖「想夫恋」。
そばを焼くから焼きそば、蒸し麺ではなく、生麺をこんがりキツネ色に焼いた。
本物の焼きそばを味わってください。

こだわり【素材】

麺を生かすのは心のこもった素材。
 
麺を生かすのは心のこもった素材。 麺と、麺に加えられ調理される素材との釣合いのよさがあって初めて、想夫恋の焼そばのおいしさが味わえる。
モヤシとネギ、肉、そしてソース。よく目にする食材も、想夫恋本部ではこれだけ心をこめて製造されているのだ。
特製のソースで味わいづくり。
焼そばにとってソースは、うどんやラーメンのスープと同じくらいに大切。
想夫恋のソースは焼そばの味を引き立てるようにオリジナルで製造したもの。新鮮なトマトを熟成させ、さわやかな風味とベトつかずあっさりとした仕上がりだから、麺や肉、野菜本来の味を決して損なうことなく、全体の味を引き締める。
特製のソースで味わいづくり。
自家製もやしと新鮮野菜。
自家製もやしと新鮮野菜。 野菜の命は新鮮さ。想夫恋の焼そばに入る野菜はモヤシとネギだけだから、鮮度には常に気を配っている。
特にモヤシはシャキッとした歯ざわりがないと焼そば全体の印象をダラシなくしてしまうので、原料の豆の段階からきびしくチェック。発芽した後も状態の良くないものは取り除いている。水、温度、湿度を管理して一週間。焼そばに向くモヤシの製造はその間、一日たりとも気を抜くことができない。
肉は骨つきのまま大量仕入
想夫恋の焼そばに使われている肉は高品質で贅沢品と言っていいくらい。というのも厳密に吟味された規格品が使用されているからだ。それにモモ肉やバラ肉といっしょに、ロースやヒレ肉も入っているので、一切れ一切れの肉が食べごたえのある、豊かな風味を具えている。 肉は骨つきのまま大量仕入

麺のこだわり


会社案内 会社概要 会社沿革 広がる店舗網 想夫恋のこだわり【麺】 想夫恋のこだわり【素材】